• トップ
  • 堀川まちづくりの会とは

堀川まちづくりの会規約

(名称)

第1条 本会は、「堀川まちづくりの会」と称する。

(目的)

第2条 本会は、堀川を愛する人々が、情報共有し、連携して取り組みを行うことで堀川ファンを拡げていき、堀川を軸に「ひと」と「まち」がつながる「堀川まちづくり構想」の実現をめざす。

(取り組み方針)

第3条  本会は第2条の目的の達成に向けて以下のことに取り組む。
(1)自らの活動に鋭意に取り組む。また、各会員は、相互の情報共有に努めるとともに、連携、協働につながる取り組みについて、積極的に推進する。
(2)堀川ファン拡大に向け、堀川の情報発信と、交流の場の拡充に努め、堀川の魅力を伝える。
(3)その他、会の目的を達成するために必要な事項。

(堀川ラウンドテーブル)

第4条 本会は、各会員が一堂に会して情報交換を行うための会議「堀川ラウンドテーブル」を定期的に開催する。
2 堀川ラウンドテーブルは、各会員の活動状況や計画の報告、堀川の魅力向上に向けた話し合い等を行うものとする。

(組織)

第5条 本会は、堀川に関わる民、産、学、官の各団体、法人及び個人のうち、第2条の目的に賛同し、本会への入会を希望する者により構成するものとする。
2 本会は、会長及び監事をそれぞれ1名置くものとする。
3 会長は、会員の互選とし、任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
4 会員は、別表に定めるものとする。
5 新規入会は、堀川ラウンドテーブルにて承認を必要とするものとする。

(職務)

第6条 本会の会長及び監事の職務は次のとおりとする。
2 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
3 会長は、定期開催(年2回)する堀川ラウンドテーブルを招集する他、必要に応じて別に堀川ラウンドテーブルを招集することができる。
4 会長は必要に応じ、オブザーバーを招集することができる。
5 監事は、本会の会計を監査する。

(部会)

第7条 会員は、連携を目指す取組みについて、協働事業を希望する企画を提案し、賛同者を募り、堀川ラウンドテーブルとは別に部会を設置することができる。

(経費)

第8条 本会の経費は、名古屋市の負担金をもって充てる。なお、負担金の額については、別途協議によるものとし、会の決算報告をもとに精算を行う。

(事務局)

第9条 本会の事務を処理するため、名古屋市緑政土木局河川部河川計画課(名古屋市中区三の丸三丁目1番1号)内に事務局を置く。
2 事務局の運営に必要な事項は、会長が定める。

(情報提供サイト)

第10条 堀川に関する総合的な情報提供サイトとして「堀川ナビ!」を開設するものとする。
2 「堀川ナビ!」は事務局にて管理運営するものとする。

(会計年度)

第11条  会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(予算及び決算)

第12条 本会の予算は、会長により決定し、決算は、監事の監査を受けた後、会長が認定する。

(その他)

第13条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項は、堀川ラウンドテーブルを開催し、参加者の協議により定める。

附則
この規約は、平成25年 7月30日から施行する
附則
この規約は、平成26年 1月16日から施行する(一部改正)

 

別表

(50音順)

  • 愛知淑徳大学(コミュニティ・コラボレーションセンター)
  • 円頓寺商店街振興組合
  • 黒川ドリーム会
  • 鯱城・堀川と生活を考える会
  • 御用水跡街園愛護会
  • NPO法人ゴンドラと堀川水辺を守る会
  • 中部経済連合会
  • 中部大学 松尾教授
  • 名古屋観光コンベンションビューロー
  • 名古屋工業大学 秀島教授
  • 名古屋港管理組合
  • 名古屋市住宅都市局まちづくり企画部まちづくり企画課 
  • 名古屋商工会議所
  • 名古屋市立大学 瀬口名誉教授
  • 名古屋市緑政土木局河川計画課
  • 名古屋都市センター
  • 名古屋堀川ライオンズクラブ
  • 広小路セントラルエリア活性化協議会
  • 広小路西通一丁目商店街振興組合
  • 堀川1000人調査隊2010実行委員会
  • 堀川文化探索隊
  • 堀川文化を伝える会
  • NPO法人堀川まちネット
×